Toriders

BPOとは何?どんなメリットやデメリットがあるのかを解説します

貴方はBPOとはどんなものか詳しく知っていますか?BPOとはビジネス・プロセス・アウトソーシングの略称で、画期的な経営手法の一つとして注目されています。一言で言えば外部企業に全ての業務を委託するという手法で、これが様々なメリットをもたらします。

しかし、BPOを導入するにあたってデメリットもあるので、メリットばかりではなくどんなデメリットがあるのかも知っておくべきです。それでは、BPOのメリットとデメリットについてご説明しましょう。

BPOのメリットとは?

「Merit」と書かれた紙

業務の全てを外部企業に委託するBPOには様々なメリットがあります。BPOを活用することによって自社にはないノウハウを享受することができたり、作業効率の向上など様々な効果が期待できます。

それでは、BPOのメリットについてご説明しましょう。

コア業務に集中できる

今現在、テクノロジーは急速に進歩しています。それに伴い、全ての企業は様々な対応を迫られることになるでしょう。企業が成長するためには人事や経理など必要不可欠なコア業務を行わなければなりません。

しかし、それには優秀な人材を登用する時間とスキル、全ての社員が習得できるノウハウの構築を作り出すために必要な時間、費用、人件費など様々なコストがかかってしまいます。これではコア業務どころの話ではなくなり、土台を作り出すためのノンコア業務に追われて前に進むことが難しくなるでしょう。

そこでBPOを利用することにより、人事や経理、ITといった様々な専門スキルを持つ企業に一括して委託することで、コア業務に集中できるようになります。
BPOは業務の最効率化と共にプロセスの最適化もできるので自社に成長だけに集中できます。

自社の業務品質が向上する

BPOは自社の何らかのシステムを外部企業に委託することですが、単なる丸投げを行うわけではありません。外部委託するということは委託する自社側も準備しなければならず、どこを改善してほしいのか外部企業とコミュニケーションを取ることになります。

その際システムを見返してみると、今まで気づけなかった部分やリスクがあることに気づくことができるため、自社にとってのスキルアップに繋がります。外部企業とのやり取りの際にどのような改善を行ったのか知ることができるなど、いたるところでスキルアップのチャンスがあるでしょう。

情報漏洩リスクの低減化

今現在、情報セキュリティの意識は急速に高まっています。どの企業でも個人情報を扱う中、一番避けたいのは個人情報漏洩です。一度でも個人情報が漏洩してしまえば、それこそ倒産する危険性があるでしょう。

BPOを請け負う外部企業のほとんどはISMSやプライバシーマークなど個人情報の扱いに関して一定の基準を設けています。つまり、個人情報の扱いを熟知したプロに委託することによって、多くの個人情報を扱うコールセンターやカスタマーセンターでも全ての業務を任せることができます。

これによって情報セキュリティのリスクが大幅に低減されるでしょう。

コスト削減

本来自社で行うべき業務を外部に委託できるので、人件費を初めとする様々なコストを削減することができます。コスト削減によってコア業務に割けるコストが増えるため、さらなる企業成長に拍車をかけることができるでしょう。

BPOのデメリットとは?

「Demerit」と書かれた紙

BPOには様々なメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。外部委託するのはいいですが、それによって自社が被るデメリットもあるので注意が必要です。

それでは、BPOのデメリットについてご説明しましょう。

自社内でノウハウが習得できない

一番のデメリットは、外部委託によって自社内でノウハウを習得できなくなることです。本来なら外部企業にノウハウを享受してもらいたいところですが、いくら外部委託を請け負ってくれるとはいえ全てのノウハウを教えてくれるわけではありません。

基本的にBPOは継続して活用するため、外部企業に頼りっぱなしだといつまでたっても自社内でノウハウを構築することができません。

情報漏洩リスクやサービス低下のリスク

BPOを活用する場合、委託先の企業を厳選する必要性があります。何故なら、外部企業の中には情報セキュリティの意識が低かったり、サービスの質が悪かったりすることがあるからです。

そういった企業に委託すると個人情報が漏洩してしまったり、逆にサービスの質が悪くてプラスに働くことがなかったりすることがあるので注意しましょう。

まとめ

BPOは自社でかかる様々なコストを極力削減し、プロセスの最適化や作業効率の向上など様々なメリットがあります。情報セキュリティのリスクを心配する必要性もありませんし、逆に正社員のスキルアップが見込めるのも大きなポイントです。

しかし、委託する企業はしっかり厳選しないと逆にトラブルになってしまう可能性があります。外部委託する際は最低でも情報セキュリティに関して一定以上の評価を受けているかどうか、自社に必要な専門的なスキルを持っているかなどを確認しましょう。


振込業務自動化サービス「Toriders」

Toriders

Toridersは、支払い業務を自動化してくれるクラウドサービスです。

請求書をアップロードするだけでAIが自動解析し、振込に必要な口座情報や金額を自動抽出してくれるため、手入力の必要がなくなり、大幅な業務効率化を実現します。

現在、無料で全機能を使うことができる無料トライアルを実施していますので、請求書を紙ではなくデータで管理しようと考えている企業様は、ぜひ一度使ってみてください。

Toridersを使ってみる