Toriders

ネットバンキングの機能を徹底比較!【迷っている方必見】

「ネットバンキングを利用したいけど、どれが良いのかわからない」という方は少なくありません。そこでオリコン顧客満足度で上位にランクインしている「従来型の銀行」と「ネット専業銀行」のネットバンキング機能を徹底比較していきます。

イオン銀行

イオン銀行

オリコン顧客満足度調査で2019年と2020年の2年連続で1位となったイオン銀行は、ネット上で何でもできると評判です。

などネットバンキングをお得に利用可能です。

イオン銀行 表

新生銀行

新生銀行

新生銀行はオリコン顧客満足度調査で2020年に2位となったネットバンキングです。外為預金から普通預金への移行が即日完了するなど、お客様対応の早さが評価されています。

普通預金の金利はイオン銀行と比較すると低くなりますが、次のようなメリットがあります。

新生銀行 表

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行

メガバンクと呼ばれる三菱UFJ銀行のインターネットバンキングは手続きのしやすさ、サイトの見やすさが高く評価され、オリコン顧客満足度では4位となりました。

同行間の振込手数料が無料なインターネットバンキングは珍しくありません。しかし三菱UFJ銀行はメインバンクとして最も多くの企業に利用されています。オンラインショッピングでの振込時などに、振込手数料無料の恩恵を受ける機会がより多いでしょう。

三菱UFJ銀行 表

ソニー銀行

ソニー銀行

ネット銀行におけるオリコン顧客満足度で1位に選ばれたのがソニー銀行です。サービスやサイトとアプリの使いやすさが高く評価されています。

Sony Bank Walletは国内でのお支払いや世界200以上の国で買い物やATMでの現金引き出しに利用できるデビット付きキャッシュカードです。年会費・発行手数料は無料です。

ソニー銀行 表

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は手数料と利用のしやすさが高く評価され、オリコン顧客満足度2位のネット専業銀行です。

また住信SBIネット銀行は「NTTコム オンラインNPS® ベンチマーク調査2019 銀行部門第1」を獲得するなど、外部評価が高いのが特徴です。

住信SBIネット銀行 表

ネットバンキングの機能比較まとめ

本記事ではネットバンキングの機能を比較してきましたが、銀行毎にそれぞれの長所がありました。そこで最後に重視するポイント別のおすすめネットバンキングをまとめます。

手数料を重視する方→新生銀行・住信SBIネット銀行
手続きの簡単さやアプリの使いやすさを重視する方→三菱UFJ銀行・ソニー銀行
金利を重視する方→イオン銀行

ネットバンキング選びに役立ててください。


振込業務自動化サービス「Toriders」

Toriders

Toridersは、支払い業務を自動化してくれるクラウドサービスです。

請求書をアップロードするだけでAIが自動解析し、振込に必要な口座情報や金額を自動抽出してくれるため、手入力の必要がなくなり、大幅な業務効率化を実現します。

現在、無料で全機能を使うことができる無料トライアルを実施していますので、請求書を紙ではなくデータで管理しようと考えている企業様は、ぜひ一度使ってみてください。

Toridersを使ってみる