Toriders

<法人向け>ネットバンキングの手数料を徹底比較!お得に利用できる銀行はどこ?

ネットバンキングの利用会社を選ぶうえで、最も重視されるのは各種手数料です。特に法人の方は預入や引出、振込の機会が多いため、手数料を重視している方が多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではオリコン顧客満足度調査の「手数料」部門で高い評価を得た「従来型銀行」と「ネット専業銀行」のネットバンキングの手数料を比較して行きます。

ネットバンキングの手数料比較一覧

オリコン顧客満足度の手数料の部門で上位にランクインした「従来型銀行」と「ネット専業銀行」のATM手数料と振込手数料をまとめたのが下表です。

ネットバンキング手数料比較

手数料が安いおすすめネットバンキング

コストを削減したい法人の方向けに、手数料が安いネットバンキングをおすすめ度順に紹介していきます。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行はオリコン顧客満足度調査の「ネット専業銀行」の中で、手数料部門で1位となったネット銀行です。

口座維持手数料やインターネットバンキング利用料は一切かからず、振込手数料が業界最低水準であり、コスト削減に役立ちます。

また来店せずに口座開設できるため、創業期で忙しい方や忙しい経理担当者の方でも気軽に口座開設可能です。

さらに住信SBIネット銀行利用者は、提携企業「ライトアップ社」の助成金・援助金支援サービスを通常よりも安く利用できます。

可能な限りコストを削減したい法人の方におすすめです。

楽天銀行

楽天銀行

楽天銀行はオリコン顧客満足度調査の「ネット専業銀行」の手数料部門で5位となったネット銀行です。

住信SBIネット銀行に比べると、楽天銀行は僅かに手数料が高い印象ですが、業界最低水準です。なお口座維持手数料はかかりません。

楽天銀行は楽天ビザデビットカードを発行しており、仕入れから備品購入、社員の方の出張費精算等、幅広く利用できます。毎月利用額の1%がキャッシュバックされるのも魅力的です。

楽天銀行で口座開設をしておけば、簡単に海外送金もできます。送金手数料は1,000円、海外中継銀行手数料は1,000円です。サービス利用開始時の初期導入手数などはかかりません。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行はオリコン顧客満足度調査の「ネット専業銀行」の手数料部門で6位となったネット銀行です。

ジャパンネット銀行は以下のような、ユニークなビジネスローンを提供しています。

ジャパンネット銀行は住信SBIネット銀行や楽天銀行に比べると、手数料の安さでは少し劣る印象です。

しかし上記のビジネスローンを利用している法人の方は、ジャパンネット銀行のネットバンキングの利用を検討してください。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行

ネット銀行は従来型銀行よりもネットバンキングの手数料が安い傾向があります。そのためコスト削減を最優先に考えている方には、ネット銀行がおすすめです。

しかし有事の際を考えて、店舗がある銀行の方が安心だという方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが三菱UFJ銀行のネットバンキング「BizStation」です。

BizStationは月に1,750円の基本料金がかかります。また前述の3つのネット銀行に比べると振込手数料が高いです。

しかしATM手数料が安く、全国に店舗があるため、ご利用口座に関して窓口に相談できます。コスト削減だけでなく、安心感も重要だという方におすすめです。

ネットバンキングの手数料比較まとめ

本記事では法人の方向けにネットバンキングの手数料を比較し、解説してきました。ネット銀行に抵抗がなく、コスト削減したい方には、住信SBIネット銀行を、従来型の銀行の安心感も捨てがたいという方には三菱UFJ銀行のネットバンキングをおすすめします。


振込業務自動化サービス「Toriders」

Toriders

Toridersは、支払い業務を自動化してくれるクラウドサービスです。

請求書をアップロードするだけでAIが自動解析し、振込に必要な口座情報や金額を自動抽出してくれるため、手入力の必要がなくなり、大幅な業務効率化を実現します。

現在、無料で全機能を使うことができる無料トライアルを実施していますので、請求書を紙ではなくデータで管理しようと考えている企業様は、ぜひ一度使ってみてください。

Toridersを使ってみる