Toriders

検討の参考に!現役経理視点から見るクラウド会計の比較

日本社会にテレワークが広がってきたこともあり、経理業務の電子化が急務となりつつあります。経理業務には請求書や領収書、見積書といった紙資料がたくさん。しかし、毎日出社するわけにはいかない。そんなときに嬉しいのが自宅で仕訳がきれる「クラウド会計ソフト」です。

今回は有名なクラウド会計ソフトの「freee」「マネーフォワードクラウド会計」「弥生会計オンライン」の3つを見比べていきます。よくある一般的な解説ではなく、 現役経理ならではの視点からソフトの特徴をご紹介。 これから切り替えを検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

クラウド会計ソフトとは?

クラウド会計ソフトとは、インターネットを介してアクセスするクラウド上で動く会計ソフトのこと。仕訳の計上や承認、証憑の保存までできちゃう優れものです。銀行口座やクレジットカードをデータ連携させると自動で明細の取り込みも行ってくれて、仕訳計上がぐっと楽になります。

旧来のデスクトップインストール型の会計ソフトと違って、ハード面での制約がなくなるため、自宅のパソコンやスマホ、タブレットからでも簡単にアクセスができるようになります。そのため、仕訳作業をテレワークで行うことが可能となるのです。

仕訳用のデータをPDFで集めたり、紙書類を手元に集める・またはデータ化する必要はありますが、今までのように毎日出社しなくても経理業務が自宅で進められるようになります。

グラフが表示されたパソコン画面

1.freee(フリー)

クラウド会計ソフトの中でも有名なソフトです。法人はもちろんのこと、個人事業主やフリーランスの間でも広く利用されている会計ソフト。見積書や納品書、請求書などの作成・送付機能も付随しています。

freeeの特徴として、大手企業より中小企業やベンチャー企業を中心に導入が広がっているということがあげられます。しかし、freeeでは仕訳に承認機能がついているため、内部統制上伝票に承認機能が必須な上場企業でも十分に使用することができます。上場企業やIPO目前の企業にはfreeeは適したソフトであると言えるでしょう。(値段の高いプランで契約する必要はあります)

また、freeeは初心者でもほとんど簿記の勉強をせずに仕訳が切れるよう設計されています。初心者にはありがたい反面、仕訳に詳しい経理担当者にとってはそれが使いづらさの要因にもなっています。

公式サイト

2.マネーフォワードクラウド会計(MF)

家計簿アプリで知られるマネーフォワードから提供されているクラウド会計ソフトです。Macに対応しているため、IT企業やベンチャー企業でも導入が容易なソフトとなります。

マネーフォワードは、一般的な会計ソフトをイメージしていただくとよいソフトです。今までのデスクトップ型会計ソフトと画面上の見た目・使用感が酷似しているため、会計ソフトを使って仕訳を切ったことのある経理担当者であれば感覚的に使用方法を理解することができるでしょう。通常よりランクが上の「Plus」で契約をすると、仕訳に承認機能をつけることもできるようになります。

一方、経理担当者には便利な反面、簿記が初めてという方には簿記の勉強が必要となってくるソフトでもあります。仕訳をきるために勘定科目を理解する必要がでてくるからです。

公式サイト

3.弥生会計オンライン

言わずと知れた老舗会計ソフト弥生会計のオンライン版です。弥生会計のデスクトップ版を使ったことがある方にとっては、一番使い勝手の良いソフトであると言えます。長年会計ソフトを作ってきた実績があるため、導入に際し役職者や上司を説得しやすいソフトでもありますね。

弥生会計の使い勝手はfreeeよりはマネーフォワードクラウド会計に近いものがあります。経理に携わったことのある方ならあまり苦労することなく使いこなすことができるソフトです。

また、弥生会計オンラインはサポートが手厚いことが特徴です。チャットやメール、電話でわからないことを問い合わせすることができるようになっています。

現時点ではfreee・マネーフォワードクラウド会計の方が一般的にメジャーなソフトです。

公式サイト

まとめ

クラウド会計ソフトは基本的な仕組みは各社同じです。しかし、使い勝手や機能、レイアウトなどは違ってきます。そのため、導入前には一度自分の目で確かめてみることをおすすめします。

クラウド会計ソフトには各社無料の使用期間が設けられており、お金を払わずに試すことができるものがほとんどです。無料の期間に限りはありますが、自分の手で実際に仕訳を計上してみることができます。この期間を利用して使い勝手を確認し、自社にとって一番使いやすいソフトを導入するようにしましょう。

また、クラウド会計ソフトは税理士事務所・会計士事務所と情報を共有することで、決算や申告の手続きをスムーズにしてくれるというメリットもあります。そのような使い方を検討されている方は、相手先がどのクラウド会計ソフトに対応しているのかも確認を忘れないようにしましょう。


振込業務自動化サービス「Toriders」

Toriders

Toridersは、支払い業務を自動化してくれるクラウドサービスです。

請求書をアップロードするだけでAIが自動解析し、振込に必要な口座情報や金額を自動抽出してくれるため、手入力の必要がなくなり、大幅な業務効率化を実現します。

現在、無料で全機能を使うことができる無料トライアルを実施していますので、請求書を紙ではなくデータで管理しようと考えている企業様は、ぜひ一度使ってみてください。

Toridersを使ってみる